つれづれなるまま〜ちょっとだけNaturalな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS つぶやきがとまらない

<<   作成日時 : 2010/12/15 01:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お風呂もあがって、リビングでひとりになって、そろそろ寝ようかなと思うけど、
まだ、自問自答が足りない。一日が過ぎても。
最近週の前半は結構こんな感じだ。

そっと、ipodに手を延ばして、聞くのはYutakaOzakiが10代の頃の作。

「何のために生きてるのか解らなくなるよ
手を差しのべて おまえを求めないさ この街
どんな生き方になるにしても 自分を捨てやしないよ」
<十七歳の地図〜SEVENTEEN'S MAP〜>

「僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで」
<僕が僕であるために〜MY SONG〜>

「にぎやかな街 隠しきれないさみしさが ほら見つめている
小さくかがめて守らなければ 自分の存在すら見失うよ」
<存在〜Existence〜>

「俺はうまく歌えているか 俺はうまく笑えているか
俺の笑顔は卑屈じゃないかい 俺は誤解されてはいないかい
俺はまだ馬鹿と呼ばれているか 俺はまだまだ恨まれているか
俺に愛される資格はあるか 俺は決してまちがっていないか
俺は真実へと歩いているかい」
<シェリー〜Shelly〜>

10代の頃は、何度裏切られても、それでもどこかで、人を信じたいと願っていた自分。
やがて、決定的な体験をしてから、ついに人を信じる事こそ、馬鹿なことはないと理解した。
そうやってしばらく社会を生きてきて、
それなのに、、最近ふと我に立ち返る瞬間があって、
そのココロ(真実)をごまかしながら生きていたのだけど、
最近、抉り出す機会が時々あって、そのたびに自分と向き合うことがある。

手と眼では、書類のチェックをし、PCに向かって相手先へメールを打ちながらも、
心はその場になく、全く違う事を考えている自分。
昼休み、ど〜でもいい罪の無い話をして笑いながら、実は何も考えていない空虚な自分。
心の中は自問自答でいっぱいだから。

少々のことを差し置いてもそれを守りたいし、コトバだけでなく、実際守ることも可能な大人な自分、
でも守られることを拒否され、心を開くことを拒否され、どうあってもそれ以上進めない。
答えは出ない。

あたたかい***の中で無条件に時間を忘れて***めたい。*を一緒に**たい。
言葉は要らない。ほんとは。
でも、そこまで、許してくれないですよね。哀しいけど。ははは。

寝よう。
生産性がなさすぎる。だって机上の空論だわ。

たまたま読んでしまった方、なにがなんだか分からない文章でごめんなさい。
次のブログは普通に楽しめる話題をかきますね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つぶやきがとまらない つれづれなるまま〜ちょっとだけNaturalな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる